『遊体法』

身体が発するメッセージに「気づくこと」。
じっくりと自分自身の身体を感じてみてください。

掌、腕、肩、首、背中、腰、膝、足の裏……。

何を感じますか?

緊張、疲れ、違和感、熱さ、冷たさ、詰まり、コリ、痛み、不安……。

脱力感、心地よさ、一体感、開放感、爽快感、浮遊感、安心感……。

身体はケガをしたときや風邪を引いたときにだけ、私たちにサインを送っているのではありません。

肩を回す、足を上げる、腰を曲げるという何気ない動作を行うときにすら、あなたの身体は、常に様々なメッセージをあなた自身に送っているのです。

時には厳しく、時には優しいメッセージをありのまま感じ取り、動くことができたなら、身体も心も心地よい方へと向かうことでしょう。

その微細なメッセージを感じられるように、身体の手入れから始めることをおすすめします。

普段、意識していない身体に意識を向け、少しずつ心地よさを深めていくことで、身体や意識が大きく変わることに気づくはずです。

「遊体法」とは自身の身体を遊びながら乗りこなし、心地いい時空を目指して旅するためのガイドブックです。

さあ、壮大で発見に満ちた身体の冒険へでかけましょう。